FAQ  Nice Selection 100 

ナイス百選 FAQ
:ショッピングカートだけが使いたいのでサーバーは要らないのですが、
  その場合の月額費用はどうなりますか?
A:ショッピングカートシステムを構築するサービスとなり、別途お見積もりとなります。


:現在使っているサーバーのままで、ショッピングカートは利用できますか?
A:現在利用しているプロバイダーもしくはホスティング業者のWWWサーバーという意味かと
   存じますが、サー バーのシステム要件として、
   PHP5.0.x以降
   MySQL5.x以降
   のバージョンが必要な要件となります。
   サーバーのセキュリティ等、業者により制限がございますので、動作の保証はいたしかねます。
   但し、業者のサーバー管理者との調整は行います。


:ショッピングカートの初期設定等はどこまでやっていただけるのですか?
A:ユーザー様の会社名をトップページに配置します。
   その他はユーザー様ご自身でお願いします。
   ご希望があれば、有料にてサイト作成を承ります。


:ショッピングカートは、どのくらいの商品点数まで使えますか?
A:基本的にはご契約のデータ容量(1GB)の範囲まで商品を掲載できます。
   容量は1GBごとの追加となります。


:サーバーの容量が足りなくなったら追加は可能ですか?
A:容量は1GBごとの追加となります。


:携帯電話サイトでショッピングサイトを制作したいのですが対応していますか?
:対応しています。但しサイトの制作は携帯電話会社の仕様でホームページを作成していただき、
   そのホームページにショッピングカートを掲載して下さい。


ショッピングカートシステム、オンラインショップシステム、ショッピングモールの違いは?

【ショッピングカートシステム】・・・商品紹介機能がない
ネットショップを実際のお店に例えてみます。
ホームページや商品ページが商品を陳列する“売り場”だとすれば、
「ショッピングカート」は、商品を買うための“ショッピングカート”(買い物かご)や、
お会計をする“レジ”に例えることができます。
商品ページは、「ホームページ・ビルダー」、「Adobe Dreamweaver」などのホームページ作成ソフトや、「Movable Type」や「WordPress」などのCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)等で作成します。
「ショッピングカート」は、カート画面など、注文を受け付けるためのページを作成します。
(※商品ページは作成しません。)
商品データの登録や受注データの管理などは「ショッピングカートシステム」で行います。
商品ページにタグを張り付ける事で、タグからショッピングカートに飛ばせることができるようになります。
ショッピングカートシステムオーナーはブログ等の投稿に慣れている方に向いています。
ブログをベースにすれば、ブログでの集客が可能です。
また、取り扱い商品点数の少ないものに向いています。

【オンラインショップシステム】・・・商品紹介機能がある
「オンラインショップシステム」は、
商品を陳列する“売り場”(商品ページ)の機能、
商品を買うための“ショッピングカート”(買い物かご)の機能やお会計をする“レジ”の機能を包括的に提供します。
商品説明のページは「オンラインショップシステム」の中で作成します。
商品データの登録、受注データの管理や顧客(会員)データベースの管理を行います。
取り扱い商品点数の少ないものから多いものまで、広い範囲での対応が可能です。
但し、顧客をオンラインショップへ誘導する仕組みを別途考える必要があります。

【ショッピングモール】
「ショッピングモール」の中には「オンラインショップシステム」が複数(多数)出店されます。
「ショッピングモール」はオンラインショップへのポータル機能(玄関のような)を持ち、それぞれのショップへの誘導機能を持ちます。


【ショッピングカートシステム】



【オンラインショップシステム】